会社の改印届け

とある日に会社の実印を変更しました。


イメージ 1

先生のお気に入りの横目印材です。
これはもう~オタク的領域の価値観。


イメージ 2

先生は直接行けないので、私が代理人で行きます。
委任状に実印を押してもらい、印鑑証明を持参して出かけます。



イメージ 3


しばらくぶりの法務局です。

年に数回来ますが、法人登記窓口は業務の効率化がかなり促進されて、昔では考えられないスピードで手続きができたり、謄本や証明書類も驚きの速さ!で出てきます。

学生の時に初めて法人を手に入れたときは、超攻撃型だったこともあり、登記変更窓口で「こっぱ役人の分際で何様のつもりだあああ!」と悪態をついてマジ切れしたこともありましたが、俺の方が何様だったことでしょう。

最近は本当にすばらしいです。
このスピードなら登記印紙代も納得の領域です。


イメージ 4


申請用紙の押印・・・・

「では、印鑑をお借りします・・・・」

「勝手を言ってすみませんが、宗教上の理由で他人には触れさせられないので、自分で押印させてください」

と言って、係りの人がどんな顔をするのか?密かに楽しみにしていたのですが、自分で押印して必要書類と一緒に手渡しして終了でした・・・・・


今度は区役所で自分の実印変更の時の楽しみに取っておこう。