物件監査

イメージ 1

お天気の良い日の午前中に先生の物件監査をしてもらいました。

東側と南側の両方からの採光で、いわゆる「死んでる部屋がない」というパターンで一安心。

浴室が鬼門部分にあるので、窓際に観葉植物を配置、
パティオ部分の角にも特定の観葉植物を配置・・・・
お札はこの辺に・・・・

あれこれ指示してもらいました。

唯一の心配事は・・・・転居の時のお約束・・・・先生は家主よりも先にトイレに入って「初う○こをする」という癖があるので、それだけは防がねばと、予防線を張るのに大変でした。




イメージ 2


家族全員に共通する大吉方位エリアをチェックして、正方形の整形地に欠けの無い正方形の建物を見つけて手に入れるのに半年以上かかりました。
結果的に昨年度中に与信を通して保留にしていた銀行にお世話になることになり、2月以降に審査を依頼したメガバンクは条件が合わなかったり、断られたりでした。やはり今年の六白の運勢通りです。

全く目途が立っていない段階で、一番最初に自分がやったことは・・・・

その壱~銀行の住宅ローン利用、容積率の問題、身内の反対など、実際に様々な邪魔が入りましたが、「絶対に負けない!」と決めました。

その弐~デスクの前に大吉引越し日を書き込んだカレンダーを貼り、『必ずこの日、西に転居する』と決意しました。

その参~出勤して一番最初に眺めて、電話が鳴る度に、デスクを移動する度に・・・・おそらく毎日100回は眺めていたと思います。
あとは、先生に泣きついて終了。終わってみればとても簡単です。

懲りずに、フラット35で次の物件を捜索中・・・・アベノミクスはきっとあっという間に終了すると思うので・・・・
次のターゲットを見つけて、また机の前に貼ろう!