5月FIJI・マナ島ツアー帰国

イメージ 1

昨日の第一ターミナルに着く最終便で先生と参加者の皆さんはご帰還。
遠方の方は乗り換えの交通機関ダッシュでお別れ~

残った皆さんで記念撮影・・・・念のためにマスクをしています。

中央は末裔を辿ると華僑というロッキーチャンさん(七赤・守備型地球人)は今回のイジラレ役。
一周り年下のソープチャンさん(六白・攻撃型宇宙人)の餌食になって皆さんを楽しませてくれたようです。


最初は皆、初対面ですので緊張感がありましたが、数日一緒にいただけで仲良しになってしまうという、先生がいると毎回恒例の現象です。


毎日のようにエステに通っていた、小柄で愛らしい感じのいもちゃん・・・でもオヤジに相・・・の話を聞くと、思いのほかリーズナブル。
円が対NZドルやFIJIドルに対して高いようで、かなりの割安感。

バナナの葉っぱ?かなんかに包まれてリラックスするコースはちょっとやってみたい。
そのうち現地から画像が到着したらセクシーなエステシーンを披露しましょう。
と・・・・言いたいところですが、人妻なので披露は出来ませんので個人的に楽しませていただこうと思います。



昔はエステなんてなくて、晩御飯のBBQデョナーは、まるで闇鍋?に近いノリで、今晩は何がでるんだろう?と非日常感にわくわく気分でした。

ある時はローカルポテトのコーナーでヤム芋、キャッサバ、タロイモの微妙に異なる調理法や味付けの力説してくれましたが、何度チャレンジしても違いを食べ分けることが出来なかったり・・・・

そんな時に先生は「ま、風情を楽しむもんだから・・・・」というお得意の一言で終了して皆笑っていたものです。
今ではレストランも増えて、今回も「ご飯おいしかったよ~」という評価だったので一安心です。